note.1

tane's gardenは新たな道を歩み始めました。

これまで綴ってきたブログ残しておこうと思います。

 

今どういった心境でいるのか

これからはどんな活動をしていくのか

それらを言葉や写真、創作などで表現していきたいなと思っています。

今後はこちらの方で私の思いを綴らせてください。

 

まず今私が何を感じているのかをお話しさせていただきます。

 

花仕事のこと

今までは、

ひらめきや直感といった言葉ではうまく伝えることができない感覚的なものを

作品という形で表現(アウトプット)してきました。

 

物質的なものに価値をおき、

分かりやすく言えば、制作したものに値段をつけて商品として販売する。

そうして対価を得る。

そういったことを10年以上続けてきました。

物販に限らず、フラワーレッスンをしたり、ウェディング関連のお仕事にも携わったり

自分のできることや求められていることは何か?と

模索しながら試行錯誤しながらの日々を過ごしてきたわけですが

どこか心の奥底で理由は分からないけど「何だかしっくりきてない感」がずっとあったんです。

商品代やレッスン料、制作代として対価は頂いていましたが

どこか漠然と「自分らしくない」と感じていたわけです。

 

昔はフリーランスで活動している人も少なくて

何にも属さず周りと違う生き方をしている自分をどこか下に見ていました。

自己肯定感もとにかく低かったんだと思います。

 

どういう訳か不思議と昨年は、そうゆうことに向き合わざるを得なくなり

この1年とことん自分と向き合いあらゆる手段を使って学びや気づきを得てきました。

 

占星術にまつわる話で例えるとするなら、

約200年ごとに時代は移り変わるとされていて

今、転換期を迎え「風の時代」に移行したと言われています。

 

これまでの「土の時代」では「お金や権力、土地や財産」といった目に見えるものに価値が置かれていた時代でした。

私の場合、花仕事において

「皆に認められる人にならなければいけない」「良いものを世に出さなければならない」と

肩書きや知名度、評価に囚われ、自分の本質的な部分に気づけずに今まで活動してきました。

 

「風の時代」は「土の時代」と異なり「精神世界」や「情報」「個性」など

目に見えないものに価値基準が置かれる時代になったと言われています。

まさに、ものを持たなくなった人が増えたり、フリーランスや副業に対して抵抗感がなくなったり、

インスタグラマー、youtuberなど一般の人でも注目されるようになるなど世の中が変わり出していますよね。

 

私も不思議と

この「風の時代」にも影響されているのかなと感じています。

 

もちろん今までにトライ&エラーを繰り返し努力して築いてきたものがあるからこそ

次のステージへと進む一歩を踏み出せるわけなのですが

これからは今までに得てきた経験や知識を活かしながら独自性を持ち

自由に自己表現をしていきたいなと。

 

物質的なものにばかり捉われず、自分の好きなことや得意なことにフォーカスし

それを情報として発信する。

自分がやりたくてやっていることが巡り巡って多くの人のためになり

それらがまた循環して社会に貢献できたら幸せだなと思います。

 

今そんなことを考えながら未来に向かって過ごしているわけです。

 

今思えば、昨年からのこの1年は私の中ですごくデトックスが行われていたんじゃないかと。

精神的にものすごく落ち込んでいた時期もありました。

謎の頭痛や突如訪れる眠気、吐き気など体調を崩すことも多くありました。

次のステージに進むために必要な現象だったのでしょうか。

 

次回はそうした私自身の心の変化についてお話したいと思います。