note.2

tane's gardenとして活動するようになってから今年で14年目を迎えます。

 

フリーランスになったきっかけを改めてお話しますが、

もともと高校卒業後、フラワーデザインの専門学校へ行き6年ほど生花店に就職していました。

 

当時からウェディング業界への憧れがありましたが、一旦花仕事を幅広く経験してみたら?と

学校の先生から言われたのもあって

ウェディングフラワーにも携わっている街の花屋さんで働くことにしたのです。

 

いろんなことを経験させてもらいましたが、

企業に属して働く中で、

「自分で何かはじめてみたい」

「自分で作ったものを自分の名で世に出したい」

みたいな思いが一旦芽生え始めたら止まらなくなり

意を決してフリーに転身したという次第です。

 

当時は考え方が幼かったというのもありますが

職場では自分を駒のように扱われているように感じたり、

チームリーダーのような任されるポジションにつくと責任ばかりが重くのしかかり

花を触る時間より、現場を回したり打ち合わせに入ったりする時間が優先になってしまって

花とデザインが好きでこの仕事を選んだのに

毎日イライラとモヤモヤで苦しくて(労働時間も毎日10時間以上が当たり前、そして安月給)

否定ばかりされると何が正解か分からなくなってしまって

花を触ることも怖くなってしまい、心身ともに疲弊し何もかもが嫌になってしまったんです。

 

「もっと自由に仕事がしたい」と考えるようになって

フリーランスへの道を模索するようになったのが始まりでした。

 

それから花屋を辞めたものの、人脈もなくどうすればいいか分からず思い悩んでいた頃

ある人に、とりあえず出来ることから始めてみたら?と言葉をいただいたのがきっかけで

ネットショップを始めることにしました。

最初に勤めていた花屋さんでホームページとネットショップを担当していて

ホームページ作成(当時はホームぺージビルダーなるものがありました)やSEO対策など

独学でいろいろ勉強していたので、すぐに始めやすかったと言う理由もありました。

 

あと、もう一つ

花仕事を始めると言っても生花を扱うには店舗も持たずして出来るのか?と

資金も無いのにロスを覚悟で始める勇気もビジョンもなく

だから自宅で始めやすいプリザーブドフラワーを使って何か作ってみるのはどうかと考えました。

ただ、当時プリザーブドフラワーと言うと、エレガントで派手で高価なイメージが強く

私自身あれは花じゃない、造花と変わらないと思っていました。

ずっと切花に触れて仕事をしていたので命を感じないものにあまり惹かれなかったのです。

 

そんな時、ナチュラルアンティークとかガーデニングとか

ナチュラル系がとても流行ってたのがヒントになり(2009年頃の話です)

プリザーブドフラワーの世界だったら、新たに自分のスタイルを創っていけるんじゃないかなと思って

そこからナチュラルテイストな作品を作ってインターネットで販売をするようになったという訳です。

 

そこが私の原点。

 

開業して1年後、自分のアトリエを持つことになり

ネットショップを運営しながらアトリエを不定期でオープンしたり、

フラワーレッスンを始めていたり

2017年にはパリに1ヶ月花留学もしました。

 

常に模索しながら、自分の使命はこれだ!と思うものに出会えば

その時々で夢中になっては励んで来ました。

 

なぜ今さら過去を振り返った話をしているのかと言うと

私にとって自分を取り戻す方法の一つだったからです。

 

昨年、対人関係についてとても悩んでいました。

いろんな人がいるって頭では分かってるのに心が追いつかなくて

体調もあまり良くはなかったんです。

そんな時に昔から好きだった占いをyoutubeで見るようになって

そこで心理学やスピリチュアルな世界にまた興味を持つようになりました。

タロットや数秘との出会いが私にとってはターニングポイントだったようで

そこから自己肯定感を取り戻すワークだったり、セルフラブに取り組むようになって

自分の本質と向き合うことの大切さを知りました。

 

結論から言うと、周りからは「憑き物が取れたみたい」とか「変わったね」と言われるようになって

明らかに目に見えて分かるくらい変化があったということ。

私自身も思考が解放され視野が広くなり、以前より周りの状況を俯瞰して見れるようになったり、

仕事への価値基準が変わったことが影響してなのか、以前より経済状況も好転し始めました。

 

手探りでいろいろ試したから、「これをしたから好転しました」と断言はできないけれど

私にとって一番大事だったのは、「ありのままの自分を認めてあげること」だったのかなと。

 

昔から、頑張る自分に価値を見出してたところがあって

だから仕事はいくらでも頑張れたんです。

だけど、頑固で我慢強く弱音を吐けない性格が自らをがんじがらめにして

何もない自分を否定しまくっていたし、そんな自分を価値のない人間だと思い込んで

もうほんとにね、メンタルを拗らせまくっていたんです。

 

悩み癖がついてしまっていたのでこのままじゃだめだ、と本気で思いました。

だから、自分の幼少期から遡り、主に思考のクセにフォーカスし、とことん深掘りしてまるっと受け入れる。

無意識下のメンテナンスにとことん取り組みました。

 

根っこの部分から見直す必要があったので

私がした事は

・どういう意識からそうゆう行動に至ったのか

・何に反応して傷ついたりイライラしているのか

・何に執着しているのか

・本当はどうしたいのか

などを過去を振り返りながら徹底的に洗い出して本音を探りました。

 

そしたら、

いつもネガティブな感情を置き去りにしたまま、

前向きに頑張らなくちゃと自分を鼓舞して立ち直ったふりをしてただけだったのかもなって。

そのネガティブ案件にしても、実は私の思考がそうした現実を引き寄せていたのかもということに気づき

それから少しずつですが、視野を広げたことで

行動が変わるようになりました。

私にとっては、ネガティブな感情も味わい切って手放すことが大切だったんです。

自分軸をしっかりもって行動するようになってくると

周りの状況も不思議と変わっていったんですよね。

対人関係で悩むこともかなり減りました。

 

そして、メンタル面で大きな変化があったことでやりたい事も変わってきたんですよね。

花仕事は天職だと思っているけれど、

あまり花仕事に囚われずに思いのままに表現していきたいなと思うようになりました。

 

今年に入って新しいことにチャレンジしています。

実は、youtubeを始めたんです。

試しにすでに数本アップしているのですが、動画編集の練習がてらなので内容はまだまだですが。

よかったらご覧になってみてください。

 

 youtube

 

次回は、なぜyoutubeを始めたかという話を書こうと思います。