note.3

youtubeをなぜ始めたのか?

まさか自分でも動画編集する日がやって来るなんて思ってもみませんでした(笑)

 

きっかけはいくつかあるのですが、 

ここ1年くらい、自分を内観し見直したことで変化があったというお話を前回の記事で話してきましたが

何を参考にしていたかというとそれがyoutubeだったんです。

占いとか心理学とか好きなアーティストとかジャンルはいろいろだけど

youtubeを通じてたくさんの学びと気づきと癒しがありました。

 

自分を生きてる人ってかっこいいなと常々思っているのですが

コロナ禍でその意識が薄れたというか

「みんなで協力してこの苦しい状況を乗り越えましょう」のような風潮があったそれにかなり影響を受けまして

「周りに迷惑をかけないようにしなくちゃ」とか「今はみんなのために何かしなくちゃ」と

いつのまにか自分そっちのけで他人軸で生きるようになっていました。

 

それに気づいてハッとした時

私の人生は私にしか味わえないのに、他人の目を気にして周りに合わせてちゃ駄目だと

私の人生の舵は私が取らなくちゃと思うようになったのです。

魂が喜ぶことを自分にもしていこうとあらためて気づかされました。

まさに今、生き方改革中であります。

 

それからだいぶ精神的に解放されてきて

仕事に関しても向き合い方がガラッと変化してきたし

誕生日が3月だったのですが、それまでに何か新しいことを種まきしておきたいなと思って

それでyoutubeに関する情報を集め出してたら何だか私にも出来るかもと思い始めたのです。

 

いろんな自分をひとつずつ腹落ちさせていくと本当にやりたいことが見えてきました。

物質的な豊かさより、心の豊かさにフォーカスするようになって

私がyoutubeで娯楽以外にも気づきや学びを得たように

私もyoutubeで自分の得意なことや専門的なことを表現することで、

誰かの学びになったり知識になったり癒しになったり

そうして自分が好きでやってることが誰かのためにもなってたらめちゃくちゃ良いなと。

もちろん収益化させる努力は必要だし簡単じゃないことだとは思ってるんだけど、

稼ぐのが一番の目的になってなくて、

とにかく自分の持ってるものをyoutubeに全て放出したくなったのです(笑)

 

創作する時、その過程も大事にしていてそれを見せていきたいなと思っていて

簡単に独自の表現を搾取されたり消費される時代、

以前はそこにネガティブな感情を持って敏感に反応していたのですが

自分のとっての対価(それはお金だけじゃなく喜びとか)が得られる方法があるなら

そんな風に思わないのかもなって、じゃあどうすれば良いんだろうってたくさん考えました。

 

今までの仕事のやり方だけでは、時間的にも体力的にも限界がある。

そう思って違う方法を模索したのが始まりでした。

 

youtubeでは、自分が今まで花仕事としてやってきた

創作であったり、ウェディングフラワーであったり、装飾デザインであったり

そんな制作風景やハウツー、レッスン動画。

あとはDIYに関する動画なども作りたいなと思っています。

 

まだごくごく少数の身内にしか言ってないので、登録者数は6人とかですが(笑)

そろそろ本格的に動き出しますので、今後を楽しみにしていてください。

 

1年後、一体何人になってるかな?